お宿 すず花のわくらむすび カワハギ糠漬け茶漬けと能登河豚の葱味噌包み焼き

何度も食べたくなる味わいでおもてなし

糠漬けや粕漬けなど、伝統が生む類稀なる珍味が豊富な能登。珍味やこんかものが苦手な人でも、カワハギの糠漬けは塩辛さが少なくむしろ甘みが強いので、好む人が多いのではないだろうか。
お宿すず花のわくらむすびは、カワハギの糠漬けを軽く炙るところから始まる。丁寧に皮を剥ぎ、およそ一年の熟成期間を経たカワハギは、炙るとまるで発酵の緊張から解き放たれたように身を柔らかくし香気をあげる。その横には葱味噌の香りに包まれた能登河豚の包み焼きが湯気をあげている。
「能登河豚の存在は、漁師さんでさえあまり知らないんですよ。」漁師の父親を持つ女将さんは、せっかく地元で河豚が採れるのだから、できるだけ親しんで食べて欲しいと思っていたという。
そして生まれたカワハギと能登河豚のコラボレーション。おむすびに炙り立てのカワハギ、河豚葱味噌焼き、好きな具をのせ、能登河豚の出汁を注ぐと、カワハギの甘さと河豚の食感が葱味噌の香りに包まれてじんと舌に響く。食べ進めるとその両方の旨味が河豚の出汁に溶け出て、ここにしかない味わいを生み出す。
能登の魚そのものがもつ本来の旨みが、食べ進めるほど引き出されてゆくわくらむすびを、出汁の最後の一滴まで味わって頂きたい。

Enjoy the taste that makes you want more!

There are a variety of delicacies in Noto, such as vegetables or fish fermented with rice bran or pickled in sake lees. The Wakura Musubi served at Suzuka creates a perfect combination of thread-sail filefish and puffer fish – rice balls topped with seared thread-sail filefish and puffer fish grilled with Welsh onion in a broth made with puffer fish. Although a great number of puffer fish are caught in Noto, not many fishermen are familiar with them, so this dish was created with the aim of acquainting the diner with Noto puffer fish.
Pour the broth into the bowl and taste the natural sweetness of Noto local fish.

料理人 杉原貢 Chef Mitsuru Sugihara

料理人 杉原貢 Chef Mitsuru Sugihara