日本の宿 のと楽のわくらむすび 能登茶飯

食材が豊富な能登。中でも能登らしい味といえば、子供の頃から食べてきたこんか鰯

湯気の立つせいろの中に、ほんのり色付いたいしりの茶飯おむすびが並ぶ。その光景に思わず手を伸ばさずにはいられない、というのが人の心理だろう。いしりの茶飯は、のと楽初の試みでもある。
のと楽のわくらむすびは、こんか鰯や昆布の佃煮、中島菜漬け物を自由にトッピングして味わう。
「若い頃はあちこち行って能登に戻ってきたけど、能登らしい味といえば子供の頃から食べていたこんか鰯。そのままでも大根と煮ても旨い。生のまま酢をかけてもいいし鍋にするとこもあるわいね。」こんか鰯とは、酢漬けから煮ものまで、あらゆる料理で活躍できる普遍性をもった一品なのである。
県外の者には馴染みのない味でも、ほかほかおむすびに昆布の佃煮と一緒にのせて中島菜茶を注いで頂くと、どこか懐かしい風味が香る。炊き込まれることで、よりいしりの風味がでた茶飯おにぎりは、茶漬けにすると、こんか鰯の時間をかけて生まれたふかぶかとしたコクと絡み合い、旨味を増す。発酵食特有の濃い味も、ほろ苦い中島菜茶ですっきりとした後味になる。おむすびをそのまま食しても、いしりで際立った米の甘みがまた旨い。
のと楽初の試み、いしり茶飯おむすびは、定番のような旨さであともうひとつと手を伸ばさせる。

Noto offers a variety of ingredients. Konka sardine is a typical flavor of Noto that we have enjoyed since childhood.

Wakura Musubi served at Notoraku is an experimental dish with rice boiled in an Ishiri fish sauce broth, with your choice of a topping of fermented sardine with rice bran, simmered kelp, or pickled Nakajimana leaves. Konka sardine, a typical flavor of Noto, was chosen as an ingredient, as it goes well in a variety of dishes. Pour Nakajimana tea on top of the hot rice ball with simmered kelp and it creates a somewhat nostalgic flavor and refreshing taste. Taste the natural sweetness of the rice brought out by the Ishiri fish sauce.

料理人 青木勇人 Chef Hayato Aoki

料理人 青木勇人 Chef Hayato Aoki