虹と海のわくらむすび 磯香茶漬け

奥能登の面白い食材をぜひ味わってもらいたい

 イカと海藻という地物の美味しさを味わってもらいたいという思いからうまれたわくらむすび。改良を重ねて作られた三輪さんオリジナルのイカ味噌が味の肝となる磯香茶漬けは、能登の海藻がたっぷりとふりかかっている。いしるが効いたかつお出汁の香りが立ち込めて、食す前からなんとも懐かしいような温かい気持ちになるのは、三角おむすびに海藻、味噌といった素朴で能登らしさが詰まった趣きだからだろうか。
鼻を通って心に届くような磯の香りを味わってから味噌とご飯を頂くと、その懐かしいから何か伝わってくる。イカ味噌が見せる能登の世界でも言うべきか、霜降りのイカのさくっとした歯切れのよさと、ピリっと刺激する程よい辛み、そして香ばしい焼きネギや味噌そのもののもつ幅のある旨味。すすって噛むごとにこれは奥が深いぞという舌への刺激が続くのだ。いしるが程よく効いた出汁もまた、最後まで旨味に幅をもたせてくる。見た目は素朴、中身は奥が深くて面白い、これはまさに能登そのものではないだろうか。味噌に込められた食材の語りを聞くという、通な味わい方をこの一椀から教えてもらったような、気持ちに残る後味だ。

We want our guests to enjoy the interesting ingredients of deep Noto.

 This Wakura Musubi was created with the desire to give guests a taste of local delicacies. Seaweed and squid are typical Noto ingredients. They may appear simple, but are full of depth and profundity, just like the region itself. The triangular shaped musubi are served in a bonito stock with a dash of ishiru fish sauce, to bring out the broth's umami savour. Sprinkled with a lot of seaweed and chef Miwa's highly refined ika-miso, this dish is a wonderful representation of Noto. Grilled leek and lightly grilled squid, with a spicy kick, add to the range of delicious flavours that deepen with each mouthful. The scent of the ocean from the seaweed and the taste of the rice and miso give you a feel for life in this part of Japan, which will stay with you long after you have finished enjoying this dish.

※素材は時期により異なる場合があります。

料理人 三輪徹 Chef Miwa Toru

料理人 三輪徹 Chef Miwa Toru