ホテル 海望のわくらむすび ノト・ゴッツォ・テマリ

食べてもらいたいものを全部詰めてお出しする。田舎のおもてなし精神からうまれました。

 まるで船上のような眺望をもつホテル海望は、創立127年を誇る老舗。そのおもてなしの心は田舎のおもてなし精神だと言います。忙しくてもなるべく手作りでいつでも綺麗に食べて頂けるようにと編み出されたのは、手毬のような豪華で美しい三つのおむすび。上にのっているのはそれぞれ、のどぐろ柚庵焼きと味噌、酒粕に梅シソとふぐのこんか漬け、能登牛と中島菜にくちこ。どれから食べようか迷うこと必須なので、迷う方に参考までに食べ方をご提案。まずはのどぐろと味噌のむすびを頂き、のどぐろの豊かな身に染みた柚子と出汁の味わいと味噌のパンチのあるコンビネーションを味わってから、酒粕むすびへ。一口ほうばると、酒粕の香りが甘さと梅の酸味と共に口のなかに爽やかに香る。ふぐのこんかづけのプチプチした直感が噛む度にカプセルのように弾け、三つめのむすびへの期待が高まる。そして能登牛とくちこのむすびへ、贅沢な連鎖なのだろう。中島菜のしゃきしゃきとした食感とすき焼き風の甘みのある味付けの能登牛が、ふわりとのったくちこの味の存在感と絡んでしっかりとしたコクを舌に残す。
お箸を行きつ戻りつさせながら、料理の最後に豪華なデザートのように食べてみてほしい。

In the spirit of “omotenashi”, we put everything that we want our guests to try into this dish.

 Established 127 years ago, the hotel Kaibo has a view of the sea comparable to being on a boat. Their Wakura Musubi is a perfect representation of the local area's sense of “omotenashi”, a generosity towards guests. Looking at the three gorgeous, handmade musubi, shaped like temari (traditional toy balls), it is hard to decide where to begin. A great way to start is with the yuyan-yaki nodoguro and miso musubi. The yuzu and broth marinated, grilled nodoguro and the kick of the miso make a very enjoyable combination. Next, the sweet smelling sake kasu musubi, paired with the sourness of ume, refreshes your taste buds and the konkazuke marinated fugu, which pops as you eat it, makes you excited for more. The final musubi combines Noto beef and kuchiko, which completes this very luxurious combination of ingredients. The Noto beef, flavoured with a sukiyaki-like sweetness, and the crunchy texture of the nakajimana linger on your tongue, blending with the taste of the kuchiko to make an irresistible combination that you won't want to stop eating.

※素材は時期により異なる場合があります。

料理人 浜中守 Chef Mamoru Hamanaka

料理人 浜中守 Chef Mamoru Hamanaka