はまづるのわくらむすび イカイカおむすび茶漬け

新メニューはなるべく多くの人と関わって語らいながら決める

 お客様に好評な、はまづる特製の塩辛からうまれた新メニュー。塩辛の味わいを引き立てる相棒に選ばれたのは、もみいかの出汁。もみいかの出汁で頂く塩辛のお茶漬け「イカイカ茶漬け」とは、名前からしても刺激的な印象だ。
 「新しいメニューを考える時は、お客さまの意見はもちろん、何人もの人と考えたほうが全然いいものがうまれる」と話す高城さんは、わくらむすびも若手の意見を参考にして決めた。その効果もあってか、見た目がとてもポップな若々しい仕上がりで、塩辛は酒のつまみといった渋いイメージが飛ぶような印象だ。おむすびにのったほんのりピンクの塩辛の周りに天かすが水玉模様のように浮かぶ。出汁はもみいかの出汁というのだから、これは想像がつかない新しいお茶漬けに対面だ。
 そのお味は、新しいのにやみつきになる。まずもみいかの出汁が、それだけで立派な汁物を頂いたような熟成の味で舌を大満足させる。そこへ少し焼いたおむすびと特製塩辛ときたら、箸が止まらないわけがない。そそる味とでも言おうか、口の中で柚子が香る塩辛と天かすのほのかな塩味、隠し味のたくあんが相まってマイルドに溶け合う。塩辛は大人のおつまみという概念はすっかり外れて、子供でもはまるお味のお茶漬けだ。

When coming up with our new menu we talk to as many people as possible.

 After taking on board the feedback and ideas of his guests and younger staff, chef Takagi has made a striking dish that puts a completely new spin on an old favourite. At the core of his musubi is Hamazuru's special shiokara, a favourite with their guests. It is presented in a fresh and peppy look, designed to blow away shiokara's stuffy image. The gently grilled musubi is served in a deliciously satisfying momi-ika broth, topped with lightly pink shiokara and sprinkled with floating dots of tenkasu. The double squid combination, known as ika-ika-chazuke, is an unexpected and striking taste sensation that is instantly addictive. The shiokara's yuzu flavour, the hint of saltiness of the tenkasu and the takuan, the dish's secret ingredient, gather together and mildly melt in your mouth, to make a delicious shiokara ochazuke that even children will enjoy.

※素材は時期により異なる場合があります。

料理人 高城一博 Chef Kazuhiro Takagi

料理人 高城一博 Chef Kazuhiro Takagi