旅亭 はまなすのわくらむすび のどぐろと中島菜の手まり茶漬け

料理はシンプルなのが一番!

「北陸に来たらのどぐろ。みんな食べたいでしょ。分かりやすいのが一番。」
通る声で話す安田さんは、今人気のある食材、観光客が求める味に敏感で詳しい。「若い女の子には悪いけど、好きなものをいろいろのせた料理は嫌い。シンプルなのが美味しいね。」理由も形もシンプルに、今一番の人気者をわくらむすびの主役にした。
のどぐろの干物を軽く炙り、ほぐしてから手まり寿司のようにお米とむすぶ。「昔は地元ではのどぐろや香箱蟹は子供でも気楽に食べられるものだったよ。今は随分と高くなってしまって地物はなかなか食べられなくなったけどね。」石川県人気も相まってか、今やのどぐろは人気も価格も上昇する一方の高級魚。ともあれ、この旨味爆弾、焼いても干しても美味しいのどぐろは、干物にすることで余分な水分が飛び、魚の旨味が凝縮されて一層美味しくなるという。
それを知ってはいても、いざ食すると、身の脂が出汁の味を驚くほど旨くすることに思わず唸る。濃密に凝縮された身ならではの深いコクと繊細な甘みは、一度食べたらクセになる。 のどぐろ手まりむすびに中島菜漬け、能登の揚げ浜塩の効いた鰹出汁。シンプルな組み合わせほど素材の旨さがよく分かる。それを証明するような一椀だ。

Simple cooking is the best!

Chef Yasuda knows exactly what tourists want to eat when in the Hokuriku region – Nodoguro, blackthroat seaperch. He simply sears dried Nodoguro and makes a rice ball with it. Nodoguro used to be sold at a reasonable price and was readily available but its price has now soared as a result of the popularity of Ishikawa prefecture. Yasuda’s dish proves that a simple combination brings out the best of the ingredients.

料理人 安田唯志 Chef Tadashi Yasuda

料理人 安田唯志 Chef Tadashi Yasuda