わくらむすびとは

能登のお米と地のものと、もてなしの心。むすぶのは和倉の料理人のふたつの手のひら。
世界農業遺産・能登の里山里海からの恵みと清らかな水。
この土地の豊かさを相手にしてきた料理人達が作るわくらむすびは、
ここにしかないものを味わってもらいたいという料理人の思いが込められたひと品。

Noto rice and locally produced ingredients are crafted by the hands of chefs in Wakura and combined with hospitality.
Pure water and blessings from Noto’s Satoyama mountains and Satoumi sea,
designated as Globally Important Agricultural Heritage Systems.
Wakura Musubi is made by chefs acquainted with the richness of the land,
and who wish to create dishes that can only be tasted here.


わくらむすびは世界農業遺産「能登の里山里海」の食材を使用しています。